#FX #FX予想:12/3のFX相場 ドル円のマーケット予想


 

※移動平均線を中心とするテクニカル分析を用いたFXのやり方(ドル円相場のデイリー予想)です。
日足、8時間足、4時間足で取引展望を予想しています。

 

ドル円予想

方針:様子見

11/30陽線(十字線)。一時113.71まで上昇し、わずかながら11/29高値を上抜くも失速し始値よりも2pips程度の上昇でクローズ。

 

■上昇要素
①日足MAの並びが上から5EMA,20EAM,40EMAと短期線~中期線まできれいに並んでおり上昇サイン点灯は継続
②日足MAが5EMA,20EAM,40EMAの角度がすべて右肩上がり。
③日足ボリンジャーバンドが右肩上がり

 

■下落要素
①10/3高値、11/12高値、11/28高値の山が徐々に切り下がっており、MACDも同じく左記の3つですべて山の高さを切り下げている。
②日足BBの幅が日々狭くなっている。

 

■総合的に考えると…

日足MAが5EMA,20EAM,40EMAの角度がすべて右肩上がりのためまだ上昇が継続する余地あり。

ただし、MACD、ローソク足ともに、高値を切り下げ、安値を切り上げていることや日足ボリンジャーバンドの値幅が狭くなっていることを考えると「三角保ち合い」と見られるため、上昇が継続するとしても値幅は限定的ではないか、と考える。

また、ここ数日、長めの上ヒゲ・下ヒゲをつけており相場の方向間に「とまどい」を感じる。

上記を考え、ドル円の通貨ペアで取引をしても利を獲りづらい状況と言えるため「様子見」が良いと見る。

どんな通貨ペアであれ、取引(エントリー)すればリスクを追うことになるが、現状のドル円の動きを見る限りではリスクを獲ってまでのリターンは望みづらいため、別の通貨ペアでのエントリーが望ましいと考えている。

 

 

おすすめのFX業者

約4円から取引可能【SBIFXトレード】

初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。

新規口座開設で最大20,000円キャッシュバック!【外為ジャパン】

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX


 

実際のエントリーは1時間足~5分足まで細かく見てからでないと決められません。
また、レンジ相場の場合レンジ幅によっては買いや売りのサインと似たサインが点灯しますが、レンジ上限下限での反転が見込まれるため、レンジの可能性+上限下限に近ければ売買サインが出ていても様子見と判断する場合もございます。
そのため、取引通貨ペアの選択、売買価格、取引手法、取引開始と終了のタイミングなど、投資に関わる全ての事柄について、最終決定はお客様(閲覧者様・もしくは閲覧者様と情報を共有される方)ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

Author: FXのやり方とマネーインフォ~お金の情報サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2019 Money info | Design by ThemesDNA.com
top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。